生活

生活

まじめとは何か

就活中、「まじめ」で生きてきた人間は40社、50社受ける。彼らは「絶対内定」のような本を読み、セミナーに通い、有名企業の内定を取るべく努力する。しかし、そのやみくもな姿勢からは、有名企業への就職をゴールと考えるのみで、主体的に自分の適正を考え、自分の人生をコントロールしようとする姿勢が見えない。本当に自分のやりたいことや得意なことを「まじめ」に考えれば、消耗する体力や時間を考慮して何十社も受ける発想には至らないであろう。

主体的に生きるとは自分の主観にのっとってやりたいことに取り組むということである。主体的に生きるからこそ、自分の人生に責任を持て、納得を得られる。事なかれ主義で、客観的、中立的であろうとするほど、軸がないゆえにどっちつかずの態度をとり、知らぬうちにその時の多数の空気に流されてしまう。マスコミがいい例で、相手に安全な位置から質問をし、自分では客観性を装った意見しか述べない。それだと読者に今後進むべき道をはっきりと示せず、単なる情報伝達と、その時々によるただの感想に終始し、結果的に大勢の意見をダイレクトに拡散してしまうという事態も引き起こす。

教育面でも、長いものに巻かれ正解を探す心理を映し出している。そして今まで個性を認めない教育が、こうした正解主義や事なかれ主義を生んだ、これからは個性尊重だと唱えても、やり方がわからないゆえに結局、個性の両論併記で事なかれ主義にしかならなかった。お互いの個性をぶつけ合った先に生まれる結論こそが納得のいくものであるはずなので、正しく議論する能力が今重要な能力かもしれない。

まじめとはなにか、それは自分の大事にしていることにこだわれる人間であろう。こだわりだすと、自分の思う水準より下のものに腹が立ったり、周りから批判を浴びたりするが、それでもこだわれることこそまじめさのあかしだ。周りに流され、自分で考えて意見をもったりしない人はまじめというより、思考停止しているふまじめな人にしか見えない。