生活

生活

2017年の抱負

 抱負を考えてもすぐ忘れてしまうので、書き残す。進路を考えなきゃいけない時期なので、どういう人になりたいかをからめながら。

まず人生をいかに幸せに生きるか考えると、幸せとは何かという問題にぶち当たる。

自分の場合はお金とか地位ではなく、自分の人生を自分でコントロールできている状態が幸せだと感じる。コントロールできている状態とは、何のために働いているのかを理解し、何のために学んでいるのか理解できている状態だ。そして、周りの人、家族や仲間を大切にしながら生活できる余裕のある状態だ。

そのためには、希少性の高いスキルをもって、他人から必要とされる人にならないと、人の言いなりとして生きていく以外の選択肢がなくなってしまい、コントロール権をうしなってしまう。

社会に対する価値という結果を出せるようになるために、まずソフト面で4つ抱負をもつ。

 得意なこと

  • 人にやさしく自分に謙虚に   他人がどうしてほしいか、何を求めているか想像力を持つ。自分は弱く、何も知らないと認めて、失敗パターンを分析する つい人に甘くなりすぎるとか、厳しくなりすぎるとかがあるが、全部その相手の気持ちを考えれば、適切な行動が伴うはず。
  • オープンな心でチャレンジ   コミュニケーションを良くとり、迷ったらやってみる。失敗にビビらず切り替えをはっきりする。 

苦手なこと

  • 集中してあきらめずしつこく  投げ出さず、責任感をもってやりきる。やりきるために感情的になったりせず、自然体で無理せず続ける
  • 具体的でわかりやすく話す   数字や事実や根拠に基づいて話すことで、人柄や信頼度に頼らなくても、言葉に説得力が持てるようにする。

 

 これからの10年は仲間を増やし、強敵に挑み、挫折し、それでも頑張りの繰り返しになる。そんな時に不平不満を言ったり、周りに流されたりせずやれるか、そのために価値を生み出して他人から信頼を勝ち得るかというのがカギになる。

これから、進路を決めなくてはいけないが、将来的に自分の力で生きていけるようなスキルを身に着けられることを優先にまず考えたい。

理念的な抱負になってしまったので、次は、4つの抱負をもとに具体的で測定可能な目標を立ててたい。