生活

生活

2017年の抱負

 抱負を考えてもすぐ忘れてしまうので、書き残す。進路を考えなきゃいけない時期なので、どういう人になりたいかをからめながら。

まず人生をいかに幸せに生きるか考えると、幸せとは何かという問題にぶち当たる。

自分の場合はお金とか地位ではなく、自分の人生を自分でコントロールできている状態が幸せだと感じる。コントロールできている状態とは、何のために働いているのかを理解し、何のために学んでいるのか理解できている状態だ。そして、周りの人、家族や仲間を大切にしながら生活できる余裕のある状態だ。

そのためには、希少性の高いスキルをもって、他人から必要とされる人にならないと、人の言いなりとして生きていく以外の選択肢がなくなってしまい、コントロール権をうしなってしまう。

社会に対する価値という結果を出せるようになるために、まずソフト面で4つ抱負をもつ。

 得意なこと

  • 人にやさしく自分に謙虚に   他人がどうしてほしいか、何を求めているか想像力を持つ。自分は弱く、何も知らないと認めて、失敗パターンを分析する つい人に甘くなりすぎるとか、厳しくなりすぎるとかがあるが、全部その相手の気持ちを考えれば、適切な行動が伴うはず。
  • オープンな心でチャレンジ   コミュニケーションを良くとり、迷ったらやってみる。失敗にビビらず切り替えをはっきりする。 

苦手なこと

  • 集中してあきらめずしつこく  投げ出さず、責任感をもってやりきる。やりきるために感情的になったりせず、自然体で無理せず続ける
  • 具体的でわかりやすく話す   数字や事実や根拠に基づいて話すことで、人柄や信頼度に頼らなくても、言葉に説得力が持てるようにする。

 

 これからの10年は仲間を増やし、強敵に挑み、挫折し、それでも頑張りの繰り返しになる。そんな時に不平不満を言ったり、周りに流されたりせずやれるか、そのために価値を生み出して他人から信頼を勝ち得るかというのがカギになる。

これから、進路を決めなくてはいけないが、将来的に自分の力で生きていけるようなスキルを身に着けられることを優先にまず考えたい。

理念的な抱負になってしまったので、次は、4つの抱負をもとに具体的で測定可能な目標を立ててたい。

頑張らないことを頑張る

美しいデザインとは余計なものが削り取られているものであるし、スポーツ選手の洗練されたフォームはうまく力が抜けている。

力とは何か?物事を取り組むためのエネルギーだとすると、そのエネルギーが分散している状態はもちろん好ましくない。

自分の好みとして好きなサッカー選手は遠藤で好きな芸能人はリリー・フランキーであるというのはうまく力を抜いて最大限に能力を引き出せていると感じるからだ。精神論的なものは最後の最後で持ち出すべきで、なおかつ人に見せるものでもないと思う。精神論を語る時の高揚感は危険だと思うからだ。

頑張ろうとしすぎたり、考えすぎたり、緊張したりすると、余計な力が入って、心が乱れる。口で本気を語る人、気持ちの上だけで本気な人には近づきたくない。心を熱くするとテンションが盛り上がって気持ちよくなるかもしれないが、何か不自然で違和感を感じる。何か視線が自分の内にばかり向かっていて、向かうべき対象に目を向けていない、そんな不誠実さを感じてしまう。

まっすぐに対象を捉えて、力を出し切る、そしてその力を出し切る上で、何をやらないか、どこで力を抜くかが大事だと思う。

頑張っている人を批判するな、外野から騒ぐなという声もあるが、別に全力を出し切った時に現れる無様な姿が笑われているのではない。おそらく力の出し方のおかしさにこっけいさがあるのだろう。もちろん自分を解放して、ダサくても一生懸命頑張れるというのは良さがあるし、力を抜くのが得意な人は力を出す人のなりふり構わない覚悟を見習い、力を出すのが得意な人は脱力を見習えば良いと思う。ただ適性のない場所で無駄なエネルギーを使ってしまうといつまでも上には登れない。

人にはそれぞれ向き不向きがある。能力の出せない分野を見抜いて捨て去る勇気、頑張らないことを見つけることが大事なのかもしれない。

北海道に帰れなかった

50年に一度の大雪で北海道に帰れなかった

 

大雪に対し百戦錬磨の新千歳空港も滑走路の除雪が追いつかず、札幌行きの飛行機が次々と欠航を決めた。僕は北海道から再び韓国へ旅立つ予定があったので、除雪作業員の頑張りに想いを馳せ、ANAの頑丈さに期待し、天候に祈ったが、結局飛行機は飛び立たなかった。

当初11時発だった便は11:50分に変わり、12:50分に変わり、やっと13:20ごろようやくエンジンをふかし始めて動き始めたかと思うと離陸せず。結局一旦飛行機から降りることになった。15時ごろ再び連絡するということだったのでただただ空港の制限区域内をぶらぶら続けた。

 

サラリーマン風の男はケータイを手に取りぺこぺこ頭を下げ、おばさんは職員にいかに札幌旅行を楽しみにしていたかを力説し、中国人は大声できれていた。キャンセルして別の便に振り替えようとしても明日の席まで満席で、天候理由の欠航なので、宿泊代も出ないことが不満らしい。 年末3連休の金曜日午前の便であったので、北海道を楽しみにしていたのに、そのすべてが台無しになってしまうであろうことに苛立ちを覚えていた人も多かったのであろう、全体的にストレスフルな空気が流れていた。

 

結局15時の連絡が16時に伸び、18時に伸び、欠航の連絡が来たのは18時半であった。

自分の便は欠航の連絡が伸びたため、明後日の便まで満席になっていて、そのことに苛立つ人も現れ、キャンセルや振り替えの手続きが長蛇の列になっていることに苛立つ人もいた。しかし自分は苛立つひとがたくさんいる状況下でも、長時間待たされたことに対して、何も感じることはなかった。天候理由なのだから、あがいても仕方がなく降参するしかないのではと。こう書くと当たり前のように思えるが、実際は苛立っている空気が場を支配していて、疲れ果てた人、心配そうな人がその空気に飲まれていた。

 

人それぞれハコがあり、状況をそのハコにインプットすると、その人の資質に応じて変換され、感情の発露としてアウトプットされる、今までそう考えていた。そのハコのキャパシティに近くと、人の目に見える形として感情が表現され、キャパシティを超えると感情が他者に向かって矢印を持ってむかっていくと。

 自分は、大雪が降った→飛行機を無理に飛ばすと危ないと思う→であるから飛ばないのは仕方ない と考え、大多数の人もおなじように考えるのが当然と思っていた。

しかし、大雪が降って飛行機が飛ばなかった→朝からずっと空港のご飯しか食べていない→どうしてくれるんだ と考える人もいる。もちろん、背景として札幌にものすごく大切な用事があるだとか、東京に泊まる場所がないだとか様々な前提はあるであろうが、それでも普通天候に降参するしかないはずだ。

 そうならないのは、人間は状況を事実のまま自分のハコにインプットしてるのではなく、インプットの前段階で状況と自分の感情を混合して自分にインプットしているのであろう。であるなら、状況や思考が先に来るのではなく、感情を先にして考えるのが正しいのかもしれない。まず考える前に直感的に感情が湧いて来て、その感情に対して人の資質に応じて整理され、行動として現れる、そちらの方がモデルとしてより適切なのかなと、そんなことを考えつつ時間を過ごしていた。

読書感想文①「AV女優」の社会学

 

「なぜAV女優になったか」

を問うとAV女優たちはそれを饒舌に語るらしい。

そのことが何を意味するのか ということをテーマにした本。

 

学者の世界では、「セックス・ワーク」論が活性化していたそうな。それは、「性産業者が、犯罪者扱いされずに、安全に働きたいと権利主張できるようにするため」の議論である。ただ、自身もAV女優を経験していた筆者は、それらを具体的事例のない主張で、空洞的な議論だと思うようになる。実際の日本の性産業の状況と、学問の世界で仮定される状況がずれているのではないかと。

 

AV女優への道のりは隔絶された世界にあるのではなく、地続きのような平坦な道のりの先にある。その道筋を、現場に行って参加し、話を見たり聞いたりする「参与観察」で明らかにしようというのがこの本の試みだという。

 

人が「AV女優の動機」を尋ねたいと思う欲求の裏にあるのは、「性の商品化」は通常であれば避けたいと思うはず、という感覚で、余程切実な理由がなければ選択されない職業であるということを再確認したい、という欲求だと筆者は想像する。彼女たちと自分たちの居場所を断絶することで、「私たちと違う」と、安心すると。

 

これはちょっと普遍的だ、と思う。自分たちから断絶したい存在に対しては、特殊な理由を求めて納得しようとする。ナチスの大量虐殺に加担したアイヒマンを、言われたことに従う官僚人間で、「凡庸な悪」だと表現すると、非難の嵐が起きる。アイヒマンは、自分たちと違う怪物でいてほしいし、AV女優は、不遇の人生を送ってきたか、性欲お化けでいてほしいのだ。でも、世の中はもっと白黒つかないグレーで、地続きなんだと思う。

 

本論は、「AV女優になった動機」を語ることが、どのように獲得されて、AV女優自身にどう影響していくか、というところにある。読んでなるほど。

 

軽い気持ちで手にとったころ、思ったよりもかっちりしていた。

あと筆者のAVが普通に出てきて、見るか見まいか迷っていた。

引っ越しにかかる経費

 

本日ルームシェアによる引っ越しを検討した。

I.費用面

A.初期投資

-敷金    家賃一か月分

-仲介手数料 約家賃一か月分

-初期清掃費 約家賃一か月分

-火災保険料 不明 (約1万?) 計12万~15

B.月々 (前家賃支払い必要)

-家賃+管理費 月6.4

-ネット代、水道、電気、ガス(プロパン) 月万弱 

複数人で割ると考えると今の半額程度になるかも 

C.家具代 

a.必須なもの

1.冷蔵庫 2.洗濯機 3.電子レンジ 4.学習机 5.椅子   6.本棚  7. カーテン

b.あると便利なもの

1.オーブン 2.ベッド 3.テレビ   4.食事テーブル  5.掃除機 6.衣装ケース 7.食器棚

-家具はもらえるものはできるだけもらってすます

-引っ越しは自力で運ぶ 0円 一日で十分済む

 

II.考慮すべき条件

 現状

デメリット

・狭い ・風呂がない ・キッチンが遠い

メリット

・学校、駅、スーパーが近い

・家賃安いうえに家賃補助もらえ、月2万程度で済む 

・清掃業者による清掃 

 

新居

 デメリット

・学校、駅の遠さ ・騒音 ・広いので光熱費かかる 

・住所変更、転出届、光熱、ネット関係等手続きが面倒 

 メリット

・24hスーパー、ドラッグストア、業務スーパーは近い ・繁華街に住める 

・広い ・バス付き、トイレ別 ・収納少しあり

 

スーパーやドラッグストアは今も近いから同じ

広さ、繁華街の近さ、風呂と引き換えに、金と引っ越しの時間と学校・駅の近さを失う

ルームシェアの人数を増やし、金と引っ越しの手間を減らすのも選択の一つ。

結論、広さや繁華街の近さ、ルームシェアを生かせる強力なメリットがないとデメリットが大きく引っ越しは難しい。

 

 

 

ともだちの誕生日

この前、ともだちの誕生日を祝いました。

中国人も交え、中華パーティーだーといって、さなぎみたいな餃子と発泡酒で祝いました。

途中で、世界中から集めたビデオレターを上映しました。

 

楽しい宴の時に管理人に出て行けと怒られ解散しました。

楽しかったです。

How to respect Gay

 

授業で少しだけLGBTへの偏見問題を扱いました。

 

LGBTとはレズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど自分の性の役割に違和感を覚える人の総称です。LGBTは、色々な時代の、色々な社会で差別を受けていたそうで、今も少なくとも日本社会ではカミングアウトしづらいように思います。

 

ある生徒は言います。「To solve this issue, eduction is important. We should teach how to respect them.」みたいな提言です。

 

 ここに全然悪意はないと思います。というか、それが偏見問題解決に効果的なのかもわかりません。けれど、この言葉はひっかかりました。

 

 ゲイバーに行ったことがあります。マスターは、ゲイあるある、ゲイジョークで虎視眈々と笑いをとりにきます。悩み相談も上手です。面白い人も、落ち着いた人も、優しい人もいました。気のいい人たちだなと思いました。

 

 人は他の人を色んなグループに括って考えます。それはLGBTだったり、鬱病だったり、意識高い人だったりするかもしれません。世の中の一人一人と向き合うことは出来ないので、大きなことを考えるのにそういうグループ化することは必要です。

 

ただ、すごく当然のことながら、その中にいるのは生身の人間です。あまりグループの性質に意識が向かうと、その性質のイメージが人から離れて宙に浮かんでいくような気がします。

 

少なくとも僕が一緒にお酒を飲んだゲイの人たちは、リスペクトするのにhow toを教育してもらう必要はありませんでした。Howは「こうするべき」と教えるんじゃなく、自分で考えたらいいんじゃない、というのが言いたいことです。

  

 ということで、ゲイバー行ってみたらおもしろいと思います。

 

 

 

(LGBTは、恥じるようなものではない、ことはもっと公教育で扱って然るべきだと思います)